2009年12月24日木曜日

命は、生まれる場所を選べない。



世間では、クリスマスムード一色で盛り上がっているが
世の中には、貧困や飢餓で苦しんでいる
子供たちがいる事も 忘れないで欲しい・・・

        どうも僕です。

別に偽善者になりたい訳ではない

ただ子供を持つ親として、こんな時代だからこそ
我が子供たちに、人を敬い、尊ぶ心を持った大人に
成長して欲しいと強く思うのです。

アフリカでは、1日に1万4000人。年間500万人もの
5歳未満の尊い子供の命が、失われていると聞く

希望と無限の可能性を持って
この世に生を受けた筈であるのに・・・

オイラ自身、僅かな金額であるかも知れないが
飢餓で苦しむ、子供たちの為になればと思って
募金活動を長年続けて来た。
これからも、その気持ちに変わりは無いだろう。

「自分さえ良ければいい。他人がどうなろうと知ったこっちゃない」

そんな混沌とした、社会の風潮をぶち壊したい
人として、見て見ぬフリをした傍観者の一人になりたくはない
人は決して、一人では生きて行けないのだから・・・

平和なこの日本に生まれた事に、日々感謝し
常に謙虚で誠実な人間でありたい



そしていつの日か、世界の子供たち全員に
分け隔て無く、サンタクロースがやって来ますように・・・

Merry Christmas ! !





にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ








0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。